読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Takumi’s blog

文章にして輝く思い出

先輩が去った

ちょっとうざくて、すごく優しい先輩だった。

 

俺の摂取したアルコールの半分以上は先輩に無理やり飲まされたもので、俺の私服の半分以上は先輩に貰ったもので、俺が一年間で行った外食の半分以上は先輩の奢りによるものだった。

ナンパの仕方も教えてもらったけど、一度も成功はしなかった。

 

先輩は年齢不相応にしっかりしていて仕事もできて人気もあって、けれどいつも孤独で、寂しそうにしていた。

 

そんな先輩に親近感を感じて、俺は慕っていた。

 

石川から去る前日の夜、俺は寝不足なのも構わずに、お客さんに食事を出し終えたら、沢山の洗い物をほったらかしてタイムカードを切って、コンビニで酒を買って先輩の部屋に行った。

 

「おー終わったか、早かったな。ピザは頼んどいたけど、まだ届いてないよ」

「お疲れ様です。飲み物は買ってきましたよ」

 

俺が先輩のPSVRをやっている間にピザが届いた。

 

先輩は前日に飲みすぎて二日酔いだった為、俺が念のため買っておいたいろはす(梨味)で。

俺はほろよいで乾杯をした。

 

ピザを食べながら、先輩が借りてきた「マイ・インターン」という映画を見た。

面白くて、最後まで飽きずに集中して見ることができた。

 

見終わってまたしばらくPSVRをやって、その後は寝っころがって、自分たちの事について色々と話した。

 

自分たちの育ちの悪さについてとか、お互いの考察とか、未来に対する不安とか、基本的にはネガティブな話で、高校時代の恋愛話なんかもしたりして、気がつけば俺は出勤の時間になっていた。

 

 

「我々に感動的なお別れはできませんね」

「そうだね」

「でもお世話になったっていう感謝の気持ちはちゃんとありますよ」

「おお、そうか(笑)」

「二年間お疲れ様でした。群馬でも頑張ってください」

「土屋君も頑張れ。たぶんまた会うでしょ」

「二年後くらいに会いましょう」

「そんくらいが丁度いいね(笑)」

「それじゃあ、おやすみなさい」

「おやすみ!」

 

そうして俺は先輩の部屋を去った。

 

会社まで歩いている途中、先輩との思い出が頭を駆け巡って、ちょっと泣きそうになった。

俺はドライな人間で感情が豊かじゃないから、あんまり悲しい気持ちも湧かないけれど、これから先、より一層つまらなくなるって事は分かった。

 

俺は先輩に色々なことを教えてもらい、先輩というもののお手本を教えてもらった。

俺から先輩には何も返せなかったけれど、今度は俺が先輩になって、今まで貰ったものを受け継いでいこうと思ったけれど新入社員は一人もいない。

 

 

おわり。

社会人記録 その1!

去年の3月14日。

俺の三年間の高校生活が終わった。

 

 

3月27日。

朝、俺は家族に別れも告げず、重い荷物を背負って家を出た。けれど、足取りは軽かった。

ようやくこの場所から離れることができる。もう家族の顔を見なくて済む。

そう思うと嬉しくて、心が躍った。

その時の心境は、今でもはっきりと覚えている。

 

  

 

3月28日。

「一日でも早く、皆さんのような立派な仕事ができるように頑張ります。どうぞよろしくお願いします!」

入社式でそう言った翌日、まだ4月にも入っていないのに、いきなり仕事が始まった。

挨拶であんなことを言っておいてなんだけど、「えっ!?」と思った。

 

 

それから毎日、同じような日々を繰り返した。

働いていると、一日一日がとてつもなく速いスピードで過ぎる。

気づけば桜が散り、夏が訪れ陽炎が揺れ、秋を告げる木枯らしが吹いて、冬にはたくさんの雪が降り積もった。

そして共に働いた仲間たちは、雪が溶けるのを待たずして、一人、また一人と去っていった。

 

チョンちゃん、イーちゃん。菅原さんに、ウネちゃんに、それからチェちゃんとヤンちゃん。

やさしく甘やかしてくれて、でも然るべき時にはちゃんと叱ってくれた。

そうして、クソガキで馬鹿な俺を、みんなが成長させてくれた。

 

唯一の同期の友達も三月いっぱいで辞める。

そうしたら今度こそ俺は一人ぼっちになる。

それでも俺は、これからもこの旅館でこの仕事を続けていこうと思っている。

俺はこの仕事が好きだから。 

 

俺はこれからも仕事を通して自分と見つめあい、立派な人間へと成長していきたい。

 

 

家族のこととか、生まれてこの方彼女ができないこととか、自分の将来の事とか、、、。

 

色々悩みは尽きないけれど、ひとつひとつ自分なりの答えを見つけながら、前向きに生きていこうと思う。

 

 

どうかこれからも、温かく見守っていてください。

  

 

 おしり

ブログを悩みの捌け口にして何が悪い!

昨日だか一昨日、「ブログを悩みをぶちまける捌け口にしてる人はやることないからそんなこと書いちゃうんじゃないの?趣味でも作れば?」みたいなことを書いてる人から、あてつけのように俺のブログに☆つけられた。

この件について、ただ一言「ああ、この人は頭の中がお花畑なんだな」で済ませることもできるけど、暇で仕方が無いので真剣に考察してみようと思う。

まず、そもそもブログは自分の好きなことを好きなように書く目的のものであるため、そのことを否定するのは大いに的外れである。

ということが大前提で、この時点で反論としては十分なのだが、俺の考察力はまだまだこんなものではない。

思うに、自分自身の悩みについてのブログを書く人の大半は、

「思考によって生じた悩みを思考によって解決したい」

「そして自身の成長へと繋げたい」

と考えているのではないだろうか?

「何か別のことをしていれば悩みなんか生まれないのに」

「悩みがあるなら別のことをしてまぎらわせればいいのに」

というような素晴らしい考えができる人はずっとお花畑で遊んでいればいい。

わざわざ山篭りして修行をしている我々の前に現れて「お花畑で遊んでる方がよくない?」とか言いに来る必要は無いんです。(笑)

それに、悩みは文章にすることで頭の中を整理したりできるし、それをブログにすることで書き出すモチベーションになったりもするよね。

ってことで簡単にまとめると、「悩みは時間を浪費するが無駄では無い」ということです。

だから俺はこれからもブログに悩みをぶちまけ続ける。

終わり。

仕事前の20分間に考えることをそのまま文章にした

時間が経つのが早すぎる。

仕事になんか行きたくないってのに、そう思えば思うほど奴はぐんぐんスピードを上げて迫ってくる。
働いて、飯食って、ゲームして、寝て、寝不足で働いて。
そんな繰り返しはうんざりだ。
金持ちになって、自分が低スペのゴミ人間だっていう劣等意識を消し去りたい。
とか言ったところでそれはたぶん無理だから、こんなことを考えるのはもうこれっきりにしよう。潔し。
じゃあ俺は何を考えて生きていけばいい?
人生を楽しく、豊かにする方法を考えよう。
その方がよっぽど自分の為になる。よし。
まず彼女はいた方が良いと思う。
自分を性の対象として、男として意識している人がいるって事実が自己肯定感を与えてくれる。
だけど彼女を作るのも容易ではない。
何故なら俺は生まれてこの方彼女ができた事が無いからだ。
そんじゃあ趣味を作ろう。
ゲームも悪くないが、これはただの精神安定剤だ。
マイナスを0にはするが0から1にはならない。
まあ実は最近はスノボなんかに行ったりしてるんだが、元々バランス感覚が良いからか、あっという間に上手に滑れるようになった。
けれども一人で滑ってるのはさほど楽しくはない。
滑ってる最中に考えるのはもっぱら人に技術をひけらかすことだが、ひけらかそうにも俺には友達ってもんがいねぇ。これは由々しき事態だ。
思い出の中には沢山の友達がいるが、今後一緒にスノーボードに行くような奴はいない。
いやいるにはいるか。
んだけど奴らは埼玉県民で俺は石川県民だ。その壁は結構でかい。
 
八方塞がりだ。もうどうしようもねぇ。
今度の休み、ペットショップ行ってハムスター買ってくる。
じゃ、おわり。

久々の旅

ラクマっていうフリマのアプリで、福井の人が出品しているmacbookAirを買った。

自分で出品者の最寄りまで受け取りに行くから3000円か4000円負けてくれって言ったら3000円負けてくれた。思惑通り。

そんで今日は仕事が午前だけだったから、午後2時に旅館が従業員のおばあちゃんを家まで送るバスに同乗させてもらって、駅まで送ってもらった。

しばらく駅で待ってから3時20分の電車に乗って、出品者の最寄り駅である芦原温泉駅で降りた。

ちなみに起きるのがあと20秒遅かったら俺はおそらく乗り過ごしていただろう。

待ち合わせしていた4時のきっかり5分前に出品者から到着したという連絡があった。

情報は白い車ということだけだったが、駐車場にあった白い車は一台だけだったからすぐにわかった。

BMWェ・・・。

そちらに向かうとパッとドアが開いて、「寒いでしょ、隣乗っていいよ」と言われた。

メガネをかけてピアスをした、インテリ風なお兄さん。

福井独特の訛りはなく、頭が良さそうな喋り方だった。

「おじさんだと思ってたからびっくりしたよw電車で来たの?」

「はい、電車です。私も相手はおじさんだと思ってましたw」

「車はまだ持ってないんだ?というか本当に若いね、何歳くらい?」

 

・・・とまあこんな感じでサクッと1分ほど前置きしてから、スムーズに本題に移行。

このお兄さん、なかなかデキる。

 

パスワードや使い方の説明をサクッと聞いて、少し質疑応答をした。

「連絡先教えるから、何か分からないこととかあったらいつでも相談して」

「ありがとうございます。助かります!」

 

「ところで、福井くるのは初めて?」

「はい、なのでちょっと温泉にでも入って帰ろうかなと思ってます」

「そうだね。せっかくだからね。良かったら温泉街の方まで送って行くよ」

「それは申し訳ないので・・・と言いたいところですけど、せっかくなのでお願いしてもよろしいですか?」

「全然大丈夫。ほんの2、3キロだし、すぐ着くよ」

 

と、ここから俺の身の上というか進路話をし、どうせだから俺は少し気になっていたことをそのお兄さんに訊いてみた。

「すごい良い車ですね...お仕事はどういったことをなさっているんですか?」

「仕事は大したことないよ。いや車も大したことないんだけどね笑」

「副業で株とかパチンコとか色々やってて、それで結構稼げてるかなー」

「なるほど、、、すごいですね。正直羨ましいです。22歳でそれって完璧に勝ち組じゃないですか」

「そんなことはないよ笑」

 

 

というような会話をしていたら目的地周辺に到着した。

「それじゃあ、またいつでも連絡してね」

「はい、わざわざありがとうございました!」

「うん、それじゃあ気をつけて!」

「ありがとうございます!」

 

ってな感じであわら湯の町駅で降りたは良いが、そこにあった路線図を見てすぐに気が変わった。

三国港に行こう!

電車が来るのは5分後。

俺はすぐさま切符を買い、電車に乗り込んだ。

空がとても綺麗だ。海岸で写真を撮ろう。

そう思いながら電車に乗っている時間はあっという間だった。

終点の三国港に着いて、海岸へ走る。

うおおおおお空がめちゃくちゃ綺麗!こんな美しい景色見るのは何年振りだ!よっしゃあ写真撮るぞ!

まずポケットからiPhoneを取り出す。次の瞬間、充電が切れる。

「はああああ!?」

俺は叫ぶ。しかし問題はない。俺は今日、しっかりとバッグにカメラを入れて来ている。

すぐさまカメラを取り出し電源を入れる。

 

 

メモリーカードが入っていません」

 

 

 

(^q^)アウアウアウアアウアウアあああ嗚呼   aaa〜〜

 

謎の奇声を発しながらコンビニを探して走る。

太陽はもうすでに雲に隠れ始めている。まずい!

近くにいたオシャレでハイカラなおばあちゃんにコンビニは無いかと訊いてみる。

「無いよ^^」

あああああああああ

おばちゃんも写真を撮りに来たらしく、ペンタックスのKー50で空を撮る。

「やっぱり望遠に限るわね〜」

いやいやいや広角に決まってんだろ!

 

「あと5分くらい待ってくれたらコンビニまで連れてってあげても良いわよ」

「いやいやそれは悪いですけど、すいません是非お願いします!」

5分後

「はい乗って」

「ありがとうございます。こんな見ず知らずの不審人物を・・・」

「本当に不審人物だわ」

「あはははw」

 

 

ってことで買って元の場所に戻ったらもう綺麗な空はどこにも無くなっていた。

悲しかったけど仕方がない。

がっくりしていたら「あなたが準備不足なのが悪いのよ、写真家失格だわ」と言われた。

ものっすごいサバサバしてるおばあちゃんで話してて楽しかった。

せっかく福井に来たならカニを食べて帰れと言われたけど値段がやばそうだったからやめといた。

ちなみに今買い取ったmacで電車で書いてるんだけど、何も食ってないから腹が減って仕方がない。ちなみに隣に座ってる女性がかなり美人。

 

まあ仕方ないから太陽が雲に完全に覆われた不穏な空を撮って、動画撮ったりして温泉に入って帰った。というか帰ってる最中。

 

本当に、本当に本当に素晴らしい景色だった。

多分なんかの雑誌とか投稿したら金賞とれるレベルで。

波打ち際、荒れた海、それに伴ってできる飛沫の霧、雲から弾け出る太陽の光線、そして最大の引き立て役に、煙を排出する火力発電所の高い塔。

 

本当に俺は写真家失格だ。

 

ってことでまた良い感じの天気の時に同じ場所にカメラを持っていく。

絶対行く。

 

終わり。

 

 

決別

仕事を始めたら趣味に没頭してられなくなるだろうなってことを漠然と考えていて、だったらもういっそのこと完全に絶ってしまおうと、0か100かでしか物事を考えられない不器用な俺は、死ぬほど好きだったアイマスを自ら遠ざけた。

いや不器用は不器用なんだけど、一種の決意表明的な意味合いも含んでいたんだと思う。

 

働き始めて9ヶ月近くが経って、遠ざけている内に熱も冷めて興味も失ったと勝手に思ってたんだけれど、とある事情でアイマスの声優のライブ動画をYoutubeで見た途端に、それはまったくの勘違いだったってことに気がついた。

 

動画の中では年甲斐も無く派手な衣装を着た765声優達が歌って踊り、オタクが声を張り上げている。いつものアイマスライブの光景だ。完全に会場は一体化している。

そして、いつの間にやら俺もステージ上の声優・・・いやアイドルに魅了され、観客の一人になっていた。

俺は久々に見る彼女らの姿に、久々に聴く彼女らの声に感化され、涙を流した。

 

そして、感じていた違和感の正体に気づいた。

そうか、これだったのか。

 

つまり、俺は根っからのオタク気質だったってことだ。

手の届かないほど遠い存在を、ただひたすら崇め奉り応援したかったんだ。

恋愛が嫌いなんじゃない。ただ、俺はオタクだったんだ。

 

 

おわり。

 

 

 

 

日常

ガンガンガン!
「8時だよー!8時ー!!」
 
毎朝恒例、母によるありがたき騒音によって俺は目を覚ます。
タブレット端末で時間を確認すると、8時を5分過ぎている。いつもそう。何故か8時をちょっと過ぎてから「8時だよ!」と言って起こされる。
頭はぼーっとしていて回らないが、あえて回す必要も無い。何も考えない。感じない。
俺は当たり前のように、ドアにかけられた真っ白なワイシャツに腕を通し、ひとつ飛ばしでボタンを閉める。
ズボンを履いてベルトを閉め、財布とカメラと文庫本の入ったリュックを背負ったら登校の準備は万端だ。
ズボンのチャックはエレベーターを待つ間にでも閉めればいい。
 
完璧に準備が整った俺はリビングに行き、和室でちんぽをはみだした状態で転がっている大学生の兄を横目に、母がテーブルに用意したパンかおにぎりか何かの軽食をつまむ。
洗面所で鏡を見ると寝癖がすごい。
直す時間はあるけど、面倒だから放置する。
 
 
少し早い気もするけれど、俺は「行ってきます」も言わず、物理的に重たいドアを体で押して外に出る。
ドアの前で壁に寄りかかり待機しているパナソニックロードバイクを転がしエレベーターへ。
 
時間にゆとりがあっても、俺はせっかちだからいつも無駄に急いでしまう。
254を渡り16号へ、畑に挟まれた道路を走り抜ける。
16号を超えるとかなり急な坂があるが、ロードバイクならへっちゃらだ。なんせこの為に買ったのだから。
 
坂を上って信号を渡り路地を二回曲がると、あとは学校まで一直線だ。
 
 
駐輪場に自転車を停め、教室へ。
少し早いから、誰とも遭遇せずに教室までたどり着くことができる。
リュックを机に置き文庫本を取り出すと、俺の優雅な読書タイムが始まる。
 
 
5分が経ち10分が経ち、続々と教室に人が集まってくるが、俺は誰とも挨拶を交わさず、本を読み続ける。
朝から人と会話をするのは俺にとってはかなり億劫なことだ。
ただ、なぎちゃんは別だ。「つっちーおはよー!」と元気に言われ、「なぎちゃんおはよう^^」と返事をすることで、一日活動するエネルギーを得ることができるのだ。
 
やがて担任の福ちゃんが教室に入ってきて、HRが始まる。
一番前の席では数学が好きなメガネのあいつが周囲を気にしている。時々目が合うからやめてほしい。
 
HRが終わると、各々それぞれの教室へ移動する。
食品製造実習ならチャラい女友達と、調理ならチャラい友達と、飼育なら科学部のオタクな友達と、果樹なら変な奴らと、クラフトならロン毛と、それぞれ顔を合わせ、話をしたり、しなかったりする。
授業によって話し相手が変わり、それに伴って話す内容もまったく変わる。それが楽しい。
そんなことの繰り返しで一日は終わる。実にあっという間だ。
これと言って充実感は無いが、気分を害することもない。つまらない授業は妄想すればいいし、楽しいと思える授業は聞けばいい。そんなスクールライフはそれなりに有意義に感じていた。
 
帰りのHR、または掃除が終わると、部活がある日は写真部の部室である情報処理室に集まり、後輩に知識をひけらかしたり、友達と喋ったりする。
部活が無かったら、時々一人カラオケに行ったりもするけどたいていは帰る。
 
朝とは少し違った道を通って、朝よりもゆっくりと帰る。
帰ったら仮眠をとって、夕食の前に母に起こされ犬の散歩に行く。
散歩から帰ってきたら手洗いうがいをして、家族の集まる食卓でご飯を食べて、一番にお風呂に入って、部屋に戻ったらパソコンを起動し、眠くなるまでネットゲームをする。
 
そしてまた母に起こされ学校に行く。それの繰り返し。
 
これは、学生に与えられた権利と、親に与えられた自由を持ってして得られる、俺の素晴らしい日常。
 
本当に、素晴らしい日常だった。
 
今はもう母に起こしてもらうことも、学校に通うことも、友達と話すことも、犬の散歩に行くことも、何もかもできない。 
 
高校を卒業して、石川で就職して、環境が変わり、日常はまるっきり別のものになった。
俺は失くした幸福な日々にさよならをして、新たな日常を歩き始めたんだ。
 
歩き続ければいつの日か、また違った幸福な日々が待っていると信じて。
 
 
おわり。