読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Takumi’s blog

文章にして輝く思い出

うんち    

うんちについて語ろうと思う。

っていうのは嘘。

特に書くこと無かったからうんちってタイトルにしただけです。

 

北陸にも春が来て、ぽかぽかと暖かく、陽気な気分で毎日を過ごせている。

まあそれはそれで良いことなんだけれど、そんなどうでもいいことで満足して生きていくなんて俺は嫌だから、何かもっと楽しいことがしたいなーと思う。

例えば、友達と遊びに行ったりとか、女の子とデートしたりとかさ。。。

とにかく、俺は楽しいことに飢えてるんだよ。

気づけばあっという間に20歳になっちゃったけど、俺はまだまだ子供なんだ!

楽しいことがしたい!

小学生のように公園でキャッチボールをしたりサッカーをしたりバドミントンをしたりしたい。

そんで、貯まってくばかりの金を友達と遊んだり飯を食ったりしてばら撒き散らしてやりてぇ。

そんなら石川で友達でも作ればいいだろって話かもしれんけど、俺にそこまで気の合う友達作るのは無理な気がするんだよ。

というか、そもそも俺は俺の最高の友人たちと遊びたいのであって、新しい友達なんか必要ないのだ。キリッ。  

いやー、それにしても、友達のいない人生っていうのは退屈なもんだね。

いつも一緒に遊んでた奴が遠い場所にいて会えないことが、すっごく不便に感じる。

まあそいつは今じゃ素敵なパートナーと楽しくやってて俺なんかこれっぽっちも必要無いんだろうけどさ。

「俺にはお前が必要なんだ!」なんて言えれば良いのかもしれないけど、そんなプロポーズみたいなことをする勇気は流石に無い。

気づくのに1年もかかるなんて、ほんと馬鹿だなぁ俺。恩返ししたいけどそれすらも迷惑なんだろうね・・・っておっと、なんだこの展開は。

ワシは絶対に老人ホームには入らんし、恋愛ポエムも書かんぞ!!!

って事でうんちしてくる!

 

ぶりゅりゅっ!(おわり)